清酒のシャンパーニュ「MIZUBASHO PURE」名酒蔵の挑戦から生まれた新製品

世界発!シャンパーニュ製法で作られた発泡日本酒「MIZUBSHO PURE」

世界初、瓶内二次発酵による発泡日本酒「MIZUBASHO PURE(水芭蕉ピュア)」。創業明治19年、質の高い酒蔵として定評のある永井酒造が5年の歳月を費やし試行錯誤の末、完成させた渾身のスパークリング日本酒です。

http://r.gnavi.co.jp/ippin/article-5299/

世界発!シャンパーニュ製法で作られた発泡日本酒「MIZUBSHO PURE」

にごり系の微発泡の日本酒とは違い、クリアで輝く液体。フルートグラスに立ち上るキメ細かな泡はまるでシャンパーニュのように細く長く美しい。口に含むとトロッとしたふくよかさと細やかで上品な泡が舌を刺激します。ふわっとした日本酒らしい吟醸香が漂い、果樹のような自然な甘みと純米酒ならではの米の旨みを感じます。

世界発!シャンパーニュ製法で作られた発泡日本酒「MIZUBSHO PURE」

華やかなブリュット(Brut)、キリっとエレガントな後味。食前酒や食中酒として合わせる料理は和洋問いません。

世界発!シャンパーニュ製法で作られた発泡日本酒「MIZUBSHO PURE」

永井酒造は群馬県北部、利根川の源流域に位置する川場村にあります。酒造りの《命》ともいうべき「水」。甘ささえ感じる柔らかな軟水に恵まれたこの地を選び、最高級山田錦など素材にこだわった酒造り。情熱と技術の研鑽には定評のある名酒蔵の新たな挑戦は構想10年、5年の創意工夫、思考錯誤の賜物として誕生しました。

世界発!シャンパーニュ製法で作られた発泡日本酒「MIZUBSHO PURE」

酒造りの知恵とシャンパン地方の伝統のある製法をあわせた「MIZUBASHO PURE」。シャンパーニュのボトル・キャップシール・コルクを使うこだわりよう。永井酒造の家紋入り。世界最高峰の伝説のレストラン「エル・ブジ」での採用経験や、国内外の星付きレストラン、サミット、国際映画祭などでも使われるなど注目の発泡日本酒。