「幸せをよぶおだし」本物の味を大切な方に

味覚が発達中の子どもたちに、外食が多い家族に、独り暮らしのあの方に作ってあげたい優しい味、本物の味。プロも唸る最高のだしが簡単にひける画期的なアイテムが、若林三弥子オリジナルブランド「幸せをよぶおだし」です。

プロが唸る極上の味と香り!たった90秒でひける魔法の「幸せをよぶおだし」

キャンセル待ち1000人以上、日本一予約の取れない料理サロン「ボアメーサ」主催の若林三弥子先生×日本最初の一番だし専門店、京都「宗達だし工房」夢のコラボ商品!

http://r.gnavi.co.jp/ippin/article-5744/

プロが唸る極上の味と香り!たった90秒でひける魔法の「幸せをよぶおだし」

昆布とかつお節からとる「合わせだし」は日本が誇るべき「うま味文化」。というのも「酸・甘・塩・苦」につぐ第五の味として「うま味」を発見したのは池田菊苗教授(東京帝国大学(現東京大学))。今日では「うま味」は「UMAMI」という用語で国際的に認知されています。

プロが唸る極上の味と香り!たった90秒でひける魔法の「幸せをよぶおだし」

さらに合わせだしには、凄いメカニズムが!昆布の「グルタミン酸」とかつおの「イノシン酸」を合わせると相乗効果でうま味7倍になるというミラクルがおきます。ただ、この合わせだし、昆布のうま味をひきだすのに時間がかかってしまうのがネック。本格的にだしをひくことは大変な時間と手間がかかり敬遠されがちです。しかし、特殊な昆布カット法で10時間かかっていた昆布のうま味抽出を90秒にしたのが、この「幸せをよぶおだし」。写真でも昆布の断面がしっかり見てとれるように、丁寧に昆布を十数枚重ねて圧縮し、縦に切断することで、抽質出時間を大幅に短縮。選び抜かれた最高品質の「本枯節」(=鰹節をさらに10カ月以上熟成させたもの)と昆布はだしに最適な「真昆布」を使用。通常一緒にはひけないふたつのだしを同時に短時間でひくことを実現させた画期的なだしなのです。しかも添加物不使用で安心・安全!

目から鱗の斬新手法、ハンドドリップでだしをひく

だしをドリップするという発想。便利な専用のドリッパーの使用方法を紹介します。

プロが唸る極上の味と香り!たった90秒でひける魔法の「幸せをよぶおだし」

【一番だしスターターキット出だし:ドリッパー、耐熱計量カップ、ペーパーフィルター】
1.ドリッパーにペーパーフィルターをセットして「幸せをよぶおだし」一袋を入れます。

プロが唸る極上の味と香り!たった90秒でひける魔法の「幸せをよぶおだし」

2.ドリッパーにお湯を注いで90秒。

プロが唸る極上の味と香り!たった90秒でひける魔法の「幸せをよぶおだし」

3.ドリッパーを一番だしスターターキット出だしの耐熱計量カップにのせると、自然にドリップされる仕組みです。ひきたて、極上の黄金だしが簡単に!

 

※スターターキットが無くても鍋で90秒、同じようなだしが簡単にひけます。

プロが唸る極上の味と香り!たった90秒でひける魔法の「幸せをよぶおだし」

だしがらは炊き込みご飯に。

プロが唸る極上の味と香り!たった90秒でひける魔法の「幸せをよぶおだし」